子育ては絵本でOK! 頭と心がぐんぐん良くなる対話式絵本読み聞かせ

おすすめ絵本

浜島代志子のおすすめ絵本ベスト50冊

どの絵本を選んだらいいのかわからない…。という多くの声にお答えした、浜島代志子の「おすすめ絵本ベスト50冊」を読んで実践すれば、お子さんは、心やさしくなり、学力UP、先生から褒められ、頼りにされることが可能になります。


浜島代志子のおすすめ絵本

これは、千葉県松戸市や全国各地でおはなしキャラバンや絵本の読み聞かせ、
ミュージカル等で40年のキャリアをもっている
わたし、浜島代志子の実体験や多くの弟子たちの証言で実証されています。

初めの頃は、図書館で主催するただ一方通行の絵本の読み聞かせ、
いわゆる「静かに!最後まで黙って聞きなさい!
読み手は子どもの声に応えてはいけない。表情も声も表現してはいけない。
淡々と読みなさい。」というグループからの
嫌がらせや名指しで非難されたり、意地悪がありました。

「このままでは子どもの可能性がダメになってしまう。
絵本はもっと子供の自由な創造力・才能を引き出すものだ」
という信念で、対話式・絵本の読み聞かせを実践してきました。

海外の絵本作家に会う

私は絵本の可能性のためにアメリカやニュージーランドなどに行き、
絵本作家に直に会い、出版やノウハウを得てきました。

特に1985年に来日した、あの「はらぺこあおむし」で有名な
エリック・カールさんには、松戸まで来ていただきました。
公演の舞台にも興奮して上がってこられ、カールさんと一緒に対話式で
「ね、ぼくのともだちになって」「はらぺこあおむし」語らせていただきました。
ほんとうに楽しく素晴らしい舞台となりました。
舞台上のカールさんと私、体育館いっぱいの子ども達がひとつになったのです。

そのとき、「You're the best  story teller(あなたは最高のストーリーテラーだ)」と褒めていただきました。> 下記よりPDFなどをダウンロードしてご確認ください。

エリック・カールさん
私のこの読み方でいいのですか?と聞きましたら、
「good!very good!」
「それでいい」

また、「あなたは子どもの気持ちがよくわかっている」とも言ってくれました。

私の読み聞かせの方法は、エリック・カールさんの認定済みです。

それから、アメリカでポール・ガルドンさんやマーシャ・ブラウン、ニュージーランドでのピーターゴッセージやロビン・カフキワさんなどと多くの話をしました。

ポールガルドン


ピーターゴッセージ、マーシャ・ブラウン、ロビン・カフキワ

海外などの経験で「やっぱり、対話式・読み聞かせは間違っていない!」と確信を得て、今に至っています。

東日本大震災で「絆」が重要視されて、いまもっとも必要とされているのが、「感受性や愛」だと言われてます。

思いやりの心、素直な心、親や大人を尊敬する心、賢さ、創造力、リーダーシップをとる行動力などは、この「対話式・絵本の読み聞かせ」で充分にできると思います。


どの絵本を選んだらいいのかわからない

浜島代志子のおすすめ絵本ベスト50&絵本育児バイブルの紹介動画はこの画像をクリックしてください。

下記のボタンを押して、お申し込みください。

お申込み

当初、頭と心がぐんぐん良くなる「絵本育児バイブル」を販売しようと思っていました。

メルマガやブログの読者へ悩みのアンケートをとったんですね。
その答えのダントツの第1位が、
「どの絵本を選んだらいいのかわからない」
「良い絵本をどうやって選んだらいいの?」

という悩みに対して、「浜島代志子のおすすめ絵本ベスト50冊(PDF)」をメインにつくりました。

それから、対話式絵本読み聞かせをメールやブログで書いてきたけれども、
「普通の読み聞かせと対話式読み聞かせはどう違うの?」
「どこがいいの?」
「対話式読み聞かせのやりかたがわからない」
それに答えるのが私の責任だと思いました。
それが「絵本育児バイブル(PDF)」です。

それから、「育児の悩み」が多かったのですね。
それにも答えた「Q&A」をご用意しました。

また、テレビやゲームの弊害を繰り返し訴えていますが、
その悩みも多いですね。
その解決策も教材で教えています。

では具体的な内容は…

画像の説明

その内容は…
■おすすめ絵本ベスト50冊(PDF・128ページ)

・0〜2歳向けの絵本(12冊)
・3〜4歳向けの絵本(19冊)
・5〜6歳向けの絵本(19冊)
それぞれの年齢にあった絵本を選び、テーマと解説をしています。
さらに50冊の紹介を動画でも紹介します。

画像の説明


さらに4つの特典として

■おすすめ絵本の中から9冊の対話式読み聞かせの実戦動画

aroundr,画像の説明

0〜2歳の絵本の中から
・あおくんときいろちゃん
・なんにかわるかな?
・はらぺこあおむし

3・4歳の絵本の中から
・ねずみのすもう
・まっくろネリノ
・パパ、お月さまとって!

5・6歳の絵本の中から
・花咲爺
・おはなしおはなし
・太陽へとぶ矢

■浜島代志子の絵本育児バイブル(PDF/106ページ)

画像の説明

メルマガやブログで発表したものを7つの章にわけてまとめました。
■なぜ、「対話式絵本読み聞かせ」をするようになったのか?
■「対話式絵本読み聞かせ」とは?
■どのような絵本を選んだほうがいいのか?
■どのように「対話式絵本読み聞かせ」をしたらいいのか?
■「対話式絵本読み聞かせ」の効果とは?
■絵本で優秀になる方法
■危険!テレビ・DVD・ゲーム・携帯・スマホが子供の脳を壊す!?


■浜島代志子の子育て悩みQ&A(PDF/100ページ)

kosodate_nayami_Q&A

こちらもメルマガやブログからの49の質問に答えています。
●赤ちゃんが、絵本をつかんで取る。どうすればいいの?
●兄弟の絵本の読み方や中断をどうすればいいのか?
●しつけに役立つ絵本、ありますか?
●昔話には歌があります。どうすればいいの?
●ストレスたまっていますか?解消法は?
ほか



■浜島代志子の語り・30話(1話平均2分20秒・合計1時間11分)
そのままサイトでも30話を聞けます。
1話、平均2分20秒くらいですので、気軽に聞けます。
パソコンにダウンロードして、お手持ちのスマホに入れれば、
いつでも、どこでもお子さんに聴かせることができます。
画像の説明

■浜島代志子の「おすすめ絵本ベスト50冊」セットは、
合計3,000円(税込)となります。

下記のボタンを押して、お申し込みください。

お申込み


こどもが見違えるように変わる!?

この教材を実践すると、子どもが下記のようになります。

・夢や希望を持つ。感動する心を持つ、素直になる、人に好かれる、人の気持ちがわかる。読書力がつくから学力がつく、言葉がふえる、対人関係がうまくゆく、個性が開花する。
・子どもが素直になる、真・善・美のある絵本の選び方がわかるようになる
・ぐずらないで、落ち着いて眠りに入る。
・物事を順序立てて考えるから、国語や算数が出来る。
・友達作りがうまい。下の子の面倒をよくみる。だから、褒められ自信がつく。

実際にあったエピソード
・0歳児で言葉が出る。・1歳で2語文が出る。
・病気の時以外はいつも笑顔。
・表現力がすごいと保育園の先生に褒められる。
・児童会会長、副会長に選ばれる。
・塾に行かなくても、東大に現役合格。小児科医になった。
・思春期にアブナイ時があっても、立ち直った
・親子関係がしっかり出来ているから、親の気持ちがわかり、グレない。
・学校が決めた既成の枠以外にクラブを作った。教員が応援するようになった。
・読書感想文で賞を取った。
・絵、音楽も良い。・英語の覚えが早い。
・新しいことにどんどんチャレンジする。

通知表に書かれたこと
・「○○ちゃん、先生を助けてね。頼もしいわ」と言われる。
・「クラスをまとめる、リーダー的存在でたのもしい。積極的なので助かる」
・研究発表等を率先してする。
・授業中、積極的に手をあげる。・作文がうまい。
・ポイントをつかむ力がある。勉強の要領が良い。


お母さんたちから喜びの声をいただきました。

「子どもが目をキラキラさせて本に夢中になりました」

茨城県古河市/柳田真美さま(職業:ベビーマッサージ講師・アートセラピスト)

柳田真美さん

実践する前は、どんな本を読んだら良いか、という悩みがありました。
浜島先生の教えを実践したあとは、子どもが目をキラキラさせて本に夢中になりました。
浜島先生の教えは、年齢・人数に関係なくどんな本もどんな年齢にも受け入れられると思いました。
「浜島代志子のおすすめ絵本50冊/絵本育児バイブル」をおすすめする理由は、対話式絵本読み聞かせが楽しいからです。
その中でとくにおすすめすしたいところは、「子供を否定しないでオウム返しする」というところです。


「深く掘り下げて絵本を読むようになりました」

山田真由美さん(主婦)

山田真由美さん

私は、絵本の選び方に悩んでいました。
浜島先生の話を聞いて「こういう読み方もあるんだ!」と、驚きました。
「対話式読みきかせ」をやってみました。すると、つまらなそうに聞いていた子ども達が、興味深く聞き始めたではありませんか。この教えを通して私は絵本に対して、以前より深く掘り下げて絵本を読むようになりました。
絵本を読むときに、子どものペースに合わせて自由に読んであげたらいいと思いました。


「子どもが興味を持って聞けるようになりました」

染井ひろ実さん(保育士)

染井ひろ実さん

以前は、子どもが落ちついて聞かないことに悩んでいました。
それから、絵本選びの基準がわからないことが不安でした。
浜島先生の「対話式読みきかせ」を聞いて、なぜか、すーぅっと物語の中にひきこまれました。
対話することで、絵本がもっと楽しく感じました。
浜島先生の教えのとおりにやってみると、子どもが物語の中に引きこまれて、興味を持って聞けるようになりました。
自分自身も子どもとのコミュニケーションが取れて感謝しています。いまでは絵本を読むのが楽しくなりました。


「大人でも物語の中に入ってゆける力があります」

粟野悦子さん(主婦)

粟野悦子さん

「対話式読みきかせ」の最もいいのは、大人でも物語の中に入ってゆけるということです。その力があるので、保育所の子どもたちは、先生の本を聞かず、自分勝手に本を見ていたのが、いまでは、きちんと聞くようになりました。
「対話式読みきかせ」を実践するようになって、たかが絵本と思っていましたが、絵本を深く、深く読むようになりました。


「素晴らしいのは、子ども達との一体感を感じること」

佐藤安子さん(元小学校教師)

佐藤安子さん

私は、絵本のテーマをどう伝えてゆくかに悩んでいました。「対話式読みきかせ」の素晴らしいのは、子ども達との一体感を感じることです。いろんな反応があり、読み手としても嬉しいのです。やっていくうちに自分の思いが伝わるようにするにはどう読んだらいいのか、考えるようになり、絵本に対する意識が大きく変わりました。


「語り手と子どもが一体になる、感動でした」」

藤原勝栄さん(保育士)

画像の説明

たかが絵本ですが、どのような本を選んで伝えるかが問題でした。浜島先生の「真・善・美」のある絵本ということに心打たれました。そして、「対話式読みきかせ」は、語り手と子どもが一体になることがダイナミックで感動的です。子どもは自然と、お話しの中に引きこまれてゆきます。「対話式読みきかせ」をやってみて、私は、うまく読むことより、心情を伝えるようになりました。



下記のボタンを押して、お申し込みください。

お申込み



a:5085 t:6 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional